コレステロールを下げる方法|サプリで病気を防ぐ

サプリメント

生活習慣病の予防になる

肥満

私達の身体には不要な脂肪酸と必要な脂肪酸があります。不要な脂肪酸が蓄積されると、高血圧やコレステロール値が上がってしまうので生活習慣病を引き起こしてしまう原因になります。生活習慣病になってしまうと命に関わる最悪のケースも考えられるので気をつけなければいけません。一方、身体に必要な脂肪酸があることでコレステロール値の低下になりますし、血液の流れが改善されることで新陳代謝も活発になります。代謝が良くなることで脂肪の燃焼にもなるので減量効果もあります。そのため、生活習慣病の予防にもなるのです。

身体に必要な脂肪酸は、オメガ3脂肪酸と言われています。オメガ3脂肪酸は、DHAやEPAなどの総称を指します。DHAやEPAは青魚に含まれていますが、最近の日本は食の欧米化と言われるように、魚中心ではなく肉中心の生活を送る人が増えてきました。そのため、オメガ3脂肪酸が不足している人が多いと言われています。
上記にもあるように、オメガ3脂肪酸が足りないことで生活習慣病の原因ともなるので、日頃からオメガ3脂肪酸を取り入れるようにしましょう。

オメガ3脂肪酸を取り入れるには、青魚や野菜を多く取り入れるようにしましょう。中には青魚や野菜が苦手な人もいます。これらの食品が苦手な人はオメガ3脂肪酸を食事から摂取することが難しいので、サプリメントを活用すると良いでしょう。サプリメントは飲むだけなので、青魚や野菜が苦手な人でも安心です。

Copyright© 2015 コレステロールを下げる方法|サプリで病気を防ぐAll Rights Reserved.